• ホーム
  • エストロゲン代用でリスクを下げつつ避妊成功率を高める

エストロゲン代用でリスクを下げつつ避妊成功率を高める

ピルは本来、錠剤という意味であるものの英語由来で経口避妊薬を言い表します。
排卵後の女性の体内では、黄体ホルモンと呼ばれるものが生成されます。
黄体ホルモンは、排卵後もしくは妊娠中に増加するホルモンです。
性周期の初めの頃からピルとして黄体ホルモンを取り入れると、妊娠している状態と同等のホルモン状態になり、排卵が起こらなくなります。
この一連の流れがピルの基本的な作用です。

こうした流れをもとに考えると、黄体ホルモンを取り入れることにより避妊に成功するということが言えますし、実際に黄体ホルモンのみが含まれているピルも存在します。
ピルがより身近な海外においては、経口避妊薬として黄体ホルモンのみが配合されているピルが販売されているほどです。
他のものとは異なり、授乳中も使用できるという特権があるものの、少量では避妊に成功できるような効果が十分であるとは言えません。
黄体ホルモンのみが含まれているものに対し、通常ピルと呼ばれているものは黄体ホルモンに加え卵胞ホルモンも含まれています。
2種類のホルモンが配合されていることから、混合ホルモン剤と呼ばれます。
混合ホルモン剤を選択する理由は、同じ量を使用することを考えた場合単体の成分よりも効果が高まるためです。

エストロゲンという成分は、血栓症や乳がん、子宮頸がんや肝障害などの危険性を高めてしまいます。
さらに、ピルを摂取し始めた時に時折確認される吐き気や頭痛、下痢やむくみなどもエストロゲンによるものです。
日本で認可されているピルは、エストロゲンについてはエチニルエストラジオールを使用しています。
エチニルエストラジオールは、ホルモン剤でエストロゲンの代用として使用できるのです。
そのため、エチニルエストラジオールを用いることでエストロゲンで発生してしまう悪影響のリスクを下げつつも避妊の成功率を高めることができるのです。

関連記事
ピルに配合されているエチニルエストラジオールの効果 2019年11月11日

エチニルエストラジオールは婦人科の領域でよく用いられている成分です。エチニルエストラジオールは女性ホルモン薬のうち、合成エストロゲン薬(合成卵胞ホルモン薬)に分類されます。エチニルエストラジオールは避妊薬によく配合されている成分で、レボノルゲストレルと組み合わせて作られた商品のトリキュラーやアンジュ...

どうしたら気付けるの?前立腺がんの合併症 2019年09月10日

前立腺がんの治療をすると、色々な合併症が起こってくる場合があります。前立腺がんの合併症には主に排尿機能障害と性機能障害の二つがあります。排尿機能障害というのは排尿困難、尿失禁、尿漏れ、血尿などです。どうしたら気付けるかというと、治療後にこのような排尿に関する症状が出るかどうかです。もし寝ている間に尿...

通販サイトで買えるエチニルエストラジオールがおすすめ 2019年10月14日

エチニルエストラジオールは女性ホルモンを補給するためにも使われている治療薬ですが、実は多は多くの効果が期待できます。女性ホルモンのバランスが崩れると様々な症状が現れますが、閉経期に起こる更年期障害の諸症状を緩和させる効果もあります。また生理不順を正常に整える働きもある等、エチニルエストラジオールは多...

エチニルエストラジオールと生理周期の乱れへの対処 2019年09月27日

女性の体内では特有のホルモンが分泌され、さまざまな役割を果たしていますが、エチニルエストラジオールというのは、その一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)を人工的に合成したものです。天然のエストロゲンよりもさらに強力な作用をもっているとされています。エチニルエストラジオールの1錠あたりの含有量をできる...

前立腺がん自体には殆ど初期症状はない 2019年08月24日

前立腺がんとは、前立腺にがんができてしまう病気です。50歳以上の男性はこの病気にかかりやすいとのことです。早期発見して治療をすれば、治りやすい病気です。しかし、前立腺がんには初期症状が殆ど無いのが現実です。殆どなない、もしくは全くない人もいます。そのために、発見が遅れるケースが多いです。男性で、肺が...